風土薬膳房 ご参加御礼

 

 先日 7月23日に開催しました『風土薬膳房』~里山は台所~

 

ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

 

なかなか梅雨が明けない状態で

当日は不安になるほどの朝からの大雨・・・・・。

でも、

今回この会を皆さん心待ちにして下さり、車で一時間半もかけていらして下さる方もいらっしゃり

よほどのことでなければ開催ということで、

「あらゆる自然にとっての恵みの雨」と捉え無事開催させていただきました。

 

 

 ~当日の時間割~

 

・薬膳講座 薬膳の基本について

 

・里山散歩 里山にある旬の素材を摘みながら散策

 

・採った野菜や素材お料理デモンストレーション 

 

・眺めのよい場所でのお昼ごはん (雨にて変更)

 

・自然とのプチリトリート 

 

こういったプログラムでした。

 

薬膳の講座は中医学基礎理論を要約し、すすめさせていただきました。

 

今回の参加者さまは薬膳の講義が初めての方が多く、

中国哲学基本思想をダイジェストに

陰陽五行説やチェックシートで6種類に分けた体質別おすすめ食材や養生法などをお勉強。

今後は季節ごとの薬膳の提案など、いつかまた別の機会に開催したいと思います。

 

 

 だいぶ落ち着いてきた雨とはいえ、傘必須の里山散歩になりました。

 

濡れた樹々、野菜、里山の恵みの山野草・・・・。

そしてなんともいえない雨をうけた里山の自然の匂い。

五感を研ぎ澄まされるとはこのことです。

 

空気の潤いに満ちた散歩もなかなか良い感じでした。

ポジティブ思考の皆さまはむしろその状況を楽しんで嬉々として下さり、ホッとしてました。

 

あかま里山農園さんにはたくさんの山野草が隠れています。

まるで、宝探しの旅にでかけた感じです。

 

そして

美しく水滴をまとったこの野草は、当スタッフののりこさんのご家族が好物だという「スベリヒユ」。

 

山形の郷土料理らしく、辛子じょうゆでよく食べるそうです。

わたしものりこさんから教えてもらわなければわからなかったもの。

民間薬としても優秀で解熱、解毒、虫毒に利用されたり利尿作用もありという、薬膳そのものの野草です。

 

 

 また歩いては宝探し。

こちらは「山椒の実」。

 

山椒は温性の食材で、気を補い、瘀血や気の滞りを改善してくれるといわれてます。

樹皮や果肉は昔から生薬としても使われていたほどです。

 

 

 そして、今いちばんの旬の薬膳素材「金針菜」です。

 

いわゆるヤブカンゾウ、野萱草とも言われ、この時季里山などでもよく見られるます。

薬膳を知ってる方なら、それ知ってる!っていう素材です。

この蕾を乾燥させたものが、生薬でもある「金針菜」なんです。

 

去年から赤間さんのところのお野菜を仕入れさせていただくようになり、

来年の夏には金針菜咲くよ!と聞いてたのでやっと巡ったこの季節を個人的にだいぶ心待ちにしてました。

咲く前のぷりっとした蕾をいただきます。

 

涼性の食材で、血を補います。めまいや情緒不安を解消してくれるれっきとした薬膳素材。

またこちらも利尿作用があり、むくみ改善にも効果的だといわれてます。

ただし、生では食せず、必ず茹でたり、炒めたりと火を通します。

 

あかま里山農園さんはまさしく天然の薬箱。

 

いつも訪れるたび、たくさんの発見があり、狂喜乱舞したくなるくらいです笑。

 

 

 里山散策をしている間にのりこさんに昼ごはんの下準備を。

雨のため、外でのごはんは断念し、眺めのよい大きな屋根裏の広間でランチタイムです。

 

そして、今からもう見頃を迎える蓮。

こちらは古くからの友人の河南の遠藤農園さんの蓮の葉を使用させていただきました。

 

中には蓮の実も入っています。

蓮の実は平性の食材で心の機能を高め、気持ちを落ち着かせてくれる薬膳素材です。

それをあかまさんのお米で中華風おこわに仕上げました。

ちょっとしたコラボのお食事です。

 

 

 みんなで茹でて、切って盛り付けて。

素朴だけど、滋味深い。里山薬膳。

 

里山ぜんぶが台所。

 

 

 

 デザートはあかまさんのブルーベリーを使った、「ブルーベリーはちみつ寒天」を。

とっても甘くて大粒でさまざまな粒。

これぞ自然そのもの。不揃いでいいんです。

 

お食事をしながら、あかまさんから農家さんとしての深く心に響くお話。

それぞれの方々がそのお話にストンと心に落ちて、さまざまな想いを馳せた時間。

 

 

 

「風土薬膳房」という名前にしたのは、このような事をしたかったからです。

 

その土地の風土、採れたもの、人のぬくもりのあるものと薬膳とからめていきたいと思いました。

 

薬膳を学ぶ上で出てくるのが「天人合一(てんじんごういつ)」という言葉があります。

天と人は対立するものではなく、一体ですよ、という思想です。

 

いろんな解釈がありますが、

わたしは天からの恵みは人にも及ぶし、こうして採れた野菜をいただくのも天からも恵み。

それをいただいて生かさせてもらってる。

あかまさんの深い染み入るお話を聞き、その捧げる思いに寄り添っていきたいと強く思いました。

 

 

ご参加いただきました皆さまに心より感謝いたします。

雨のための予定変更、そして初開催でドタバタしてしまい、

わたしもお尻から転んだりのお笑いハプニングもありましたが、無事終えさせていただきました。

 

 

そして、あかまさん、農園ののぞみちゃん、

たくさん頑張ってくれたスタッフのりこ、

今回こんなにも素敵に撮影してくれた、スタッフモーリーにも心から感謝いたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

またこのようなワークショップを開催いたしますので

またお楽しみにお待ち下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「塩を変えることから始める生活」ご参加御礼

 

 6月30日に開催しました

「塩を変えることから始める生活」ご参加いただきました皆さま

誠にありがとうございました。

 

いつもお着物姿がお美しいあこ先生を講師としてお招きいたしました。

 

まずはマクロビオティックとは何かとのお話から。

マクロ(大きな)ビオ(生命)ティック(術)ということです。

 

「一物全体」ひとつの物をまるごといただくということ。

たとえば、玄米を丸ごといただく。野菜は皮ごといただく。だからできる限り無農薬が好ましい。

 

「身土不二」からだと環境は切り離せないので、その土地で採れたものをいただく。

 

「陰陽調和」温かいもの、冷たいもの、食材の陰性、陽性のものをバランスよく摂るということ。

 

などの薬膳の中医学理論とも合い通じるお話もあり、私自身も興味深く学びました。

そんなお話からの今回のメインテーマのお塩について。

 

先生にいろんな工程で作った塩を何品か持ってきていただき

製造工程によってはおすすめしないお塩、

一見、よい場所で採れたように謳ってるけどミネラルがないお塩、

平釜の工程で作ったおいしいお塩はこれ!など

お塩を購入するときの裏ラベルの見方のポイントなど教えていただきました。

 

そしてにんにく塩作りです。

厳選のにんにく:塩をフードプロセッサーにかけて作るという簡単レシピ。

さまざまなお料理に使える調味料として活躍できそうです。

 

 

今さまざまな塩が販売されてますが、

その中から工程によってどれがおいしいか、見極めるのは学ばないとなかなかわかりませんよね。

 

おいしいお塩に変えてみたら、味覚も変わってくると先生はいいます。

ほどよく良いお塩(天日・平釜の工程)を使うことによってお料理の味わいも変わっていきます。

 

これから本格的にやってくる夏に

きゅうりにお塩

すいかにお塩

 

これだけで素晴らしいおやつになりますね。

 

参加者の皆さまも、「すぐおいしい塩を買いにいきます」

「にんにく塩を家でも作ってみます」などなど塩談義で盛り上がりました。

 

わたしも日々料理を作ってますが、舌の感覚を研ぎ澄ますにはこうした上質なお塩は大切だと実感。

おいしいお気に入りのお塩を使っておりますが、さらに研究・勉強したいと思います。

 

またこのようなワークショップを開催したいと思いますので

ご興味ありましたらぜひご参加くださいませ。

 

 

 

 

あこ先生のHPはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019年5月19日「たけのこデー」Youtube

 

 5月18日開催しました「たけのこデー」での様子があかま里山農園さんから届きました。

 

とても素敵な動画に仕上がってます。

 

里山の魅力が短い時間ですがぎゅっと詰まっているかと思います。

ぜひ、ご覧いただけたら幸いです。

 

あかま里山農園さんのブルーベリー狩りの開催ももう少しですよ~。

 

 

 

あかま里山農園 HPはこちら