今季の「穀雨定食」の一例です。ときどき内容が変わります。

 

当店は旬の素材と、ご家庭でも作れるような「やさしい薬膳」を意識して

ひとつひとつココロを込めて手作りしております。

化学調味料無添加で、地産地消につとめております。

 

 

 

穀雨定食 ~立冬・小雪の候 お品書き~ (11月いっぱいまでの献立)

 

秋から冬にかけてくしゃみや咳が出たり喘息がひどくなったりのトラブルが多くなります。秋の乾いた空気が乾燥してダメージを受けやすくなってくる季節です。根菜類など多く取り入れ、秋の味覚の梨などの果物も効果的に摂り肺や呼吸器系の働きを守りましょう。ただ、果物は体を冷やすので活動を始める朝に食べるのがベストです。

記述は病気やその他の疾患に必ず効果があることを保証する訳ではないことをご了承下さい。

 

*秋の野菜と鶏むね肉の中華風 

  蓮根は脾と胃の働きを助け気力を充実させて喉や口の渇きを潤してくれます。

  山芋はスタミナ不足、免疫力低下の方に最適。

  鶏肉は気と血を補いスタミナ不足や老化防止に。

 

*ふろふき大根の味噌チーズのせ

  大根は消化を助け咳や痰を出しやすくします。

  チーズは肺に潤いを与え肌の乾燥にも効果的です。

 

*有機赤レンズ豆と切し干し大根のサラダ

  レンズ豆は消化器系のむくみの改善に一役かってます。

 

*金針菜とごぼうのきんぴら

  金針菜はユリ科の「ホンカンゾウ」のつぼみを乾燥させたもの。

  血を補う作用があるので、めまいや貧血、情緒不安な時に効果的です。

  ごぼうは熱をとって毒素をとりのぞきます。 

 

*さつまいも茶巾

  さつまいもは胃腸の働きを高めエネルギー源である気を補います。

  また腸を潤して働きを活発にしてくれます。

 

*もって菊の酢漬け

  菊の花は頭痛などの鎮静や目の疲れなどにも効果的です。

 

*赤かぶの塩麹漬け

  かぶは体に潤いを与えて熱を持った腫れを抑えるのでニキビや皮膚の炎症、

  喉の渇きにも効果的です。

 

*遠藤農園さんの無農薬新米ごはん

 

*本日のスープかお味噌汁

            ※仕入れによって食材が変更になる場合もございま 

 

  

         


 

薬膳カレー